グッドタイミングブログ

空き時間シェアリングサービス「GoodTiming(グッドタイミング)」のブログ。
空き時間のシェアが"日常"に"当たり前"にある世界を!



この記事は『空き時間シェアリングサービス「GoodTiming」 Advent Calendar 2017』の記事です。 

こんにちは。hitonomichiです。
私がサービスを始めるときに、流行りや一過性で終わってしまうような事業はしない。と決めていました。GoodTimingのサービスはこれから100年続く可能性があると信じて始めましたので、今回はその辺りを書いてみます。


人力の減少

人工知能とかAIとか自動化とか、シームレスとか、ファジーとか、いろんな似たような言葉が輪廻転生してきました。その時のバズワードに姿を変えさも全く新しい考え方かの様に讃えられて来ましたが、本質をよくよくみてみるとだいたい同じ、人が楽をして幸せになろうという考えのものです。

今のバズワードで言うとAIですが、AIで10~20年以内に日本の49%の仕事が代替されるらしいです。それ自体はとても良いことだと私は思います。


既になくなり始めている

既に実証実験が始まっていることを例に挙げてみます。


お弁当とお茶を買いにコンビニへ。そこには店員はいなくって、レジを打つこともなく、カルビ弁当と十六茶をを持って店から出たら自動的に清算される。
コンビニ店員という職業は必要無くなるかもしれません。


車に乗り込む。スマホで目的地を指定してスタートを押す。運転をすることもなく、信号を気にすることもなく、チョコチップクッキーとホットコーヒーでも嗜んでいると自動的に目的地に到着する。
運転手という職業は必要無くなるかもしれません。



ラスト1メートルの仕事は無くならない

でも、人と人に介在する、ラスト1メートルの仕事は無くなりません。

身の回りの用事系、例えば、
・おばあちゃんのお出かけ付き添いをお願いしたい
・庭掃除を手伝って欲しい
・掃除とベッドメイクをして欲しい
とか、

趣味系、例えば、
・釣りに同行して教えて欲しい
・ボルダリングの個人レッスンお願いしたい
・サッカーのフリーキックの立ち足の距離とインパクトするポイントを教えて欲しい
とか。

こういった個々のニーズレベルの小さなことまで完全自動化はできないでしょう。今後100年は続くでしょう。


形を変えて存在していく

スマホでマッチングするというのは近い将来に無くなるかもしれません。

 GoodTimingは今アプリとWebサイトの姿をしていますが、将来は形を変えても存在することができます。
スマホが衰退し、ウェアラブルデバイスに変わっていっても、チャットボットが台頭しても、VRが手のひらサイズになってデバイスという質量のある物体がなくなっても、それを導入すれば良いわけです。インターフェースが時代の潮流に合わせて変わって行くだけで、人と人との関わりを円滑にするというサービスの根幹は変わりません。


100年続く可能性

醤油や米は無くならない。冠婚葬祭も無くならない。
同じように、空き時間を使って人の役に立つサービスというのも無くならないというのが私の仮説です。

数年後の未来に空き時間シェアは日常になり、そこから100年、GoodTimingは存在し活躍を続けます。

100年後の未来に向けて物語が作り上げられて行くと考えるとワクワクしましてきました。まだまだ、まだまだまだ程遠いのですが、そんな世界を目指しています。目標を大きく持ってやっていこうと思います。

100年後にGoodTimingが活躍していたら、よしよしと褒めてくださいね。
それではGoodTiming100年物語、楽しくご覧ください!






【GoodTiming100年物語】人と人に介在する仕事は無くならない。


この記事は『空き時間シェアリングサービス「GoodTiming」 Advent Calendar 2017』の記事です。 

こんにちは!hitonomichiです。
GoodTimingでは、こんなことできるよっていう「できる!」を登録することができます。こんなことして欲しい人なんているのかな?ということでも大丈夫です。


できる!に応募が来ました

今回は、私の「できる!」にご応募頂いたWさんにお話を伺ってみました!

ご応募頂いたできるはこちら。

『【大阪】GoodTimingの開発ストーリーをあなただけにお話し致します。(¥1,500/1時間)』


こんなの需要あるのかなーと思いながら登録したジョブでした。ですので、ご応募頂いたときは驚きましたし、とても嬉しかったです。意外な需要もあるものですね!面白い!

応募頂いて、すぐにやりとりをし、金額と日時、場所が決まりました。
スムーズに契約まで進み、大変助かりました。


当日

場所は近くのカフェで。
せっかくお金を払って頂くので、話がスムーズに進むように最低限の資料を用意しました。


クライアントのWさんからは「CtoCサービスの安心感をまだ信じきれていないが、どういう考えでGoodTimingを始めたのか教えてください」というお題目を頂きました。
GoodTimingの考え方を、AirbnbやUber、メルカリを例にお話させていただきました。
...っと、それ以上はここでは内緒です。ぜひ買ってみてくださいね笑


お話させて頂いた後、感想を頂きました。
「1500円って考えるとかなり安いですね!」「聞きたいポイントを聞けてよかったです。聞く前からCtoCサービスに対する印象が変わりました!」と嬉しい感想をいただけました。嬉しい!Wさんありがとうございました!



今回は「できる!」を購入頂きましたが、Wさんとしては知らない人と会うことは少し心配があったとのことです。
もし心配な方は、応募しようとしているユーザーの評価点や評価コメントを見たり、不明点を事前にコメントで聞いてみたりしてくださいね。

皆さんも体験談や、これならできるということを登録してみてはいかがでしょうか。
自分では思ってもみなかったニーズがあるかもしれませんよ。

それではまた!

【やってみた】GoodTimingの開発ストーリーを話してみた



GoodTimingは空き時間をダイレクトに売買するサービスです。
「空いてるから」「ついで」「一緒に」で表せられることに価値をもたせ、空き時間という潜在的なニーズを顕在化します。


売れると思っていないこと

例えばメルカリでは、これまで何の疑いもなく捨てていた新聞紙が売られていたり、何の疑いもなく捨てていたペットボトルに値段が付きます。
今まで価値がなかったものが人のためになり、値段が付くって素晴らしくないですか?

これまでなかったのはなぜか。それは、売る場所がなかったからではないでしょうか。
売っていないから、買えないと思ってましたし、そもそもそんなの売れるわけがないと思っていました。

時間も同じです。

今まで捨てていた時間のかけら、価値があるんです。それを売り出す場所がGoodTimingです。

日本はまとまった労働時間がもうありません。
求人倍率1.55倍。人手不足です。売り手市場爆進中です。働きたい人はみんな働ける状況です。
しかも少子高齢化で慢性的な人手不足であることが明らかです。

だから、捨てていた時間のかけらをうまく使うしか無いんです。


実は価値がある

会社帰り、電車の駅を降りてバスに乗り継ぐ合間にスーパーに寄って帰るとします。
ついでに近所のクライアントの「買い物をお願い」に応えて買い物して持って行ってあげます。
ついでなので負担は少ないですし報酬ももらえます。クライアントはバスに乗ることなく買い物が済みます。
とても可能性感じませんか?誰でもできて、用事も済んで、経済も回る。笑顔も生まれる。未来の当たり前になれば良いと思いませんか?


もう一つ。


少子高齢化が進む地域の課題として、個人個人のニーズが掴めないというのがあるそうです。

スーパーが遠いので移動販売車を誘致した、といった、大きなニーズは地域で改善に取り組めても、個人のニーズを吸い上げるのはなかなか難しいです。

GoodTimingは個人のおねがいを登録するので、あのおじいちゃんが家電買ってきてほしいらしい、とか、あのおばあちゃんが壊れている網戸を修理してほしいらしい、とか個人のニーズを顕在化できます。見えたらあとはそれに応えれば良い訳です。
若い人が、イオンに行くついでに家電を買ってくるとか、時間が空いてるので網戸を綺麗にしますとか。

GoodTimingではこれまで価値がなかった空き時間に価値を持たせます。
そして空き時間さえあれば得意なことがなくても活躍できる世界になります。
空き時間シェアは未来の当たり前になる。空き時間シェアを日常にする。そういう世界を作りたいです。


お願い

VC・エンジェル投資家の方、もし共感して頂いて、その世界創るの手伝ってやる、または詳しく話聞いてやってもいいよという方は是非ご連絡ください。

そして、ユーザーの皆様、協力してくれている皆様、たまたま通りかかった皆様、頑張って良いサービスにしたいので協力してください。
ユーザー登録、シェアやいいね、できるやおねがいをジョブ登録してくれると最高に嬉しいです!

よろしくお願いします!


【見える、見えるぞ!】潜在しているニーズを顕在化するGoodTiming


この記事は『空き時間シェアリングサービス「GoodTiming」 Advent Calendar 2017』の記事です。 

やってみたシリーズです。
私が実際におねがいをした体験談を書いてみます。
登録して、やりとり、完了までスムーズにできました。


パネルが欲しい

グッドタイミングという会社を経営してるのですが、いろんなウェブサイトを見ているとあれいーなーって思うんですよ。

社員が楽しそうにパネル持って映ってるやつ!
一丸になってやってる感、そして、みんなが応援してる感。

羨ましい!欲しい!今くれ!頼む!


おねがい!を登録した

おねがい登録画面から登録完了っと。
これでよしと。

コメントも付いてます♪


応募が来た

お、来た来た。
応募が来たらやりとりをします。
金額や日時を確定して、承認、お支払いが終わると契約完了です。

詳しくはこちら。→ GoodTimingご利用ガイド- 契約の流れ

やりとりはこのようなものでした。(※こちらの画面は仕事完了、評価済みの画面です。)



作ってもらう間はパネルの事を忘れて自分の仕事ができます。
あとはワーカーさんのグッドなタイミングで作業してもらいます。
途中に確認作業が入りますが、自分の意識から無くせるのは良いですね。


届いた

大阪は梅田の会社まで持ってきてくれました。

届いたパネルはこちら!



そう!なんとサプライズで裏表リバーシブル!
良い!楽しそう!思わず背中のいいねボタン探しました!

素敵!使いまくり!

パシャー

パシャー


感想

楽ちんでした〜。

自分がやったのは、
・応募
・値段など条件確定
・デザイン渡す
・お金払う

これだけ。

もしこれを自分でやっていたらどんな惨劇が待っていたか・・。

今回は6000円でおねがいしました。
ラフデザイン、確認プロセスや、要望に応えてもらったりしたので手間お掛けしたし、自分でやるより5000兆倍確認良いものが出来上がったのでコスパ良いです!


おねがいしてみてください

自分がやるよりプロやそれ相当の方にやってもらった方が、早いですし上手いですし良い事しかないです。
自分の時間を最大限に使うために、誰かの空き時間で手伝ってもらうってお互い嬉しいですね!
気軽手軽にできるので、日常的に使っていこうと思いました。

皆様にもオススメします。
ぜひ一度、どんなおねがいがあるか見てみてはいかがでしょうか!





【やってみた】会社ロゴの素敵パネル作成をおねがい!


この記事は『空き時間シェアリングサービス「GoodTiming」 Advent Calendar 2017』の記事です。 


地域創生アイディアソンに参加しました。

「大企業などとコラボして、シニア向けサービスを創ろう!」についてアイディアを出すっていうアイディアソン。

主旨としては、
「泉北ニュータウンの地域課題の解決をめざし、泉北エリアで活動する南海不動産株式会社・泉北高速鉄道株式会社・大阪府住宅供給公社の3社のいずれかと連携して、「(1)健康寿命の延伸(2)生活の利便性の向上」というテーマに基づき泉北ニュータウンの高齢者向けのサービスを創出する事業者を募集します。」
というもの。

アイディアソンは初めて参加しました。今回は似たような課題解決を目指す持つ方々と4人チームで参加しました。
私の他のお3人は大企業に勤めながら新規事業したいっていうパワフルな方々。


私個人としては今回の目的は2つ。
1、地域の課題を知る
2、それにグッドタイミングは有効であるか検証する


始まりました

流れはこんな感じ。
リアルで起きてる課題を提示され、それに今こんなことしてるってのを紹介され、コラボ企業が提供できることをご提示され。それに対して出席者が、できること・シニアにどう良いのか、を書いて貼って、全員で審査。

すでに各社で実行されている取り組みを紹介されていました。一部を抜粋。
・府営団地の空き部屋、近隣センター空き店舗を利用している
・魅力発信イベントをやってる「レモンのまちにしたい」などなど。
・「響きあうダンチ・ライフ」住民同士の交流。一例として、DIYスクール(住民を募り25〜30人がくる、プロが教える)
・足がない。買い物が不便なので、週一回の移動販売車を誘致。

ざっくりと、抱えている課題は、魅力アップ、利便性の向上、あとは細かいニーズの組み上げと感じました。
あと、仕事がないから外に出ちゃうとか外に住んじゃうとか。若い人は特に。

さて何を書くか

地域課題の解決にはこれらのやり方はダメだと思っています。

× 補助金のみで賄う
× 善意の搾取

補助金は使ったらおしまい。スポットで終了したら意味がない。
地域のためってのもモチベーションではあるけど、すぐできなくなる。

継続して回していける仕組みであるべきです。

あと、今ある資産、今あるハードを変えるのはハードルが高い。


ということで、

私たちのチームは、「シェアリングエコノミー社会を実現する」というタイトルで勝負。

今見えていない個人個人のニーズを見える化することで、若い世代には住人同士でも助け合いに参加してもらい、シニアにはコミュニケーションを活性化し、生きがいを得てもらい、顔を知っている安心感をもたらす。
GoodTimingのサービスを軸として、シニアに有効なところをまとめました。

地元に提供する

自分の手でやった!自分の街で貢献した!っていうのが「地元愛」となる
なんとなく顔を知っていることが「安心感」を生む

魅力アップ

人が集まり活性する

地元に提供する

という好循環が期待できます。


結果発表


最後に全員で審査。張り出された紙に付箋でポイントを付ける方式。ここで選ばれたからって何かあるわけではないですが。

トップ2が発表されました。残念ながら我がチームは入れず。
ポイント(付箋)がまあまあ貼られてトップ5には入ってたと思いますが、選ばれるくらいにならないと全然ダメですね。
見せ方も大事だと感じました。タイトルのつけ方も大事。時間が短いので印象勝負なところもあるし。これからの参考にしよう。

企業と実際にコラボするのはこれからで、企画を練って整理して、価値を感じてもらった上で、実証実験にもっていきたいです。
特定地域で住民同士が助け合う仕組みを回すことがうまくいけば、同じ仕組みを他の地域でも展開可能です。すでに使えるリソースが空き時間しかない日本にとって、結構良いと思うんですよね。頑張ります。


仕組みが回り始めるまでが大変

どうやって回し始めるか。結局はここが課題です。ここを地域や企業と共同で進められたら良いと思いました。
1、拠点のシェアハウス提供、2、エバンジェリスト制度、3、使い方講座開催を提案したいですね。

1、拠点のシェアハウス提供
住宅が余っているのであればシェアハウスを提供してもいます。そこに若い人を無料or格安で住んでもらいます。

2、エバンジェリストとして数人に住んでもらう
シェアハウスに条件をつけて住んでもらいます。地域のおねがいを進んでこなしてもらいます。住人へ使いかたを教え、取り組みを発信して広めます。
最初のパワーが必要なので、「呼び水」となり、心的ハードルを下げます。

3、使い方講座開催
定期的に開き、また、シェアハウスに行けばエバンジェリストがいつでも答えてくれます。


個人的な目的はどうだったか

1、地域の課題を知る
→ 地域の企業が抱えている問題と、それに対する考え、行なっている対策が知れて、考えもクリアになりました。

2、それにグッドタイミングは有効であるか検証する
→ ある程度、ポイントが付いて評価され、ニーズもありそうな手応えでしたし、書ききれていないことや説明不足なところももっと提案できれば、価値あるんじゃないかという所感です。

あと、GoodTimingのサービスとしてやっていきたいことも見えました。地域または対象を絞って、できる!やおねがい!を受け取れるようにしたいですね。そのためにFacebookのグループみたいにコミュニティ機能をつけたいです。


ということで、あっという間のアイディアソンでしたが、有意義な時間を過ごすことができました。
これからコラボできるように動くわけですが、価値を感じてもらえるよう、また実際に住人の方が当たり前に使うサービスになれるよう頑張っていこうと思います。


地域振興アイディアソンにGoodTimingをぶつけてみた


この記事は『空き時間シェアリングサービス「GoodTiming」 Advent Calendar 2017』の記事です。 

「グッドタミング」っていう名前、どこからきてどういう思いがあるのか、書いてみようと思います。

どういう意味があるの

人と人が出会うのはタイミングが全て。
恋人や結婚相手もタイミングだし、就職もタイミングですよね。
あの日あの時あの場所で出会わなければ見知らぬ同士ののまま、だったかもしれません。

できる!とおねがい!がグッドなタイミングで出会う、そんなGoodTimingです。


候補を書き出す

とはいえ、最初からスパーンと出てきたわけではなく、いろいろ候補があったわけで。

名前って重要で、名は体を表すと言いますし、パッとサービスと名前が繋がる名前が良いかなと。なのでサービス内容からまず考えるのがいいかなーっと。

サービスのキーワードは「空き時間」「有効活用」「シェア」なので、そこから考えました。そこから連想するワードをブレストしていきます。

「考具」っていう本に載ってたマンダラートをよく使います。
キーワードを書いて縦横斜め8マスを埋めていきます。




当時のマンダラートはこんな感じでした。

ふむふむ。
 はいはい。

・・途中でやめてるやん!

なるほどなるほど。
でもまだ名前っぽくない。

名前っぽくする

自分の中の基準があって、この3つを満たすものを考えました。

1、言いやすい名前がいい

ターゲットのユーザーが言いやすいやつ。
学生やシニアも言いやすいやつが良いと思いました。
となると現存する名刺の組み合わせが良さそうです。

2、濁音が入ってる方がいい

芸人さんは濁点が入ってると良いらしいです。ダウンタウンとか。とんねるずとか。8.6秒バズーカとか。

3、2単語まで

あんまり長いと「〇〇やってるんだ〜」って言いにくいので短めに。
FaceBookとかSmartNewsとかそうですよね。

候補と絞り込み

いろいろ英語にしてみたり組み合わせてみたりで、出てきた候補はこんな具合です。
当時のメモより。

グッドタイミング、タイムシェア、アイテマス、ツカッテ、アイテル、アイテルジカン、アキジカ、タイムイズバリュー、イーチアザー

アイテルジカンって何ww


そして、実際サービスとして動くときのことを考えます。

1、ドメインは空いている?

お名前.comとかで検索しました。
.comか.jpが空いているものを条件としました。

2、ググラビリティは?

ググった時に出やすいために同じワードで検索して件数多すぎたらやめておこうと思っていました。
結果的にグッドタイミングという一般名詞に決めたのでこれには反していますが、今は「グッドタイミング」でググるとトップのページに出て来るので、結果オーライですね。

3、同じ名前の会社やサービスはない?

これは当然ですね。同じ名前のサービスがあったらダメなので「タイムシェア」「アキジカ」は候補から外れました。

決める

そして最後は、えいや!です。

決まりました。「GoodTiming(グッドタイミング)」。

名前って不思議なもので、実感が後からついて来るんですよね。グッドタイミングは最初照れ臭かったり、自分でも笑っちゃったりしてましたが、半年以上一緒にいると板について来るんですね。

そういえば息子の名前も、予定日より早く生まれちゃったもので、急いで適と インスピレーションで付けた名前ですが今となっては気に入ってますし。



昔フリーランスの時にお世話になった社長が言っていたのを覚えています。
会社は子供みたいなもの。作って終わりじゃなくて、育てていかないといけない。と。

今になるとよくわかります。
世に生み出して名前付けてしまったので、頑張って育てていかないといけませんね。
「GoodTiming(グッドタイミング)」
良い名前をつけられたと思っています。

この記事をご覧になっているあなたとも、この日この時この場所で出会わなければ見知らぬ同士ののままだったかもしれませんね。
グッドなタイミングでの出会いに感謝して今日のブログを終わりたいと思います。

GoodTimingをどこかで見かけたら、気にかけてやってください。




CEOだけが知っている、グッドタイミングの名前はどこから?


この記事は『空き時間シェアリングサービス「GoodTiming」 Advent Calendar 2017』の記事です。 

こんにちは。hitonomichiです。


今回はGoodTimingを使って「おねがい!」してみたのでレポート致します。


おねがい!を登録する



なんだかさーデスクが殺風景なんだよね。
なんかこう、和めるようなものないかね?

あのあれ、アイロンビーズってかわいいよね。ドットがいいよね。
あれでGoodTimingのロゴがあったら和むよねー。え?そうでもない?いや、和むはず。

ちょっとGoodTimingに登録してみるよ。



ということで、アプリから「おねがい!」を登録しました。



「アイロンビーズで会社のロゴを作ってください!」



登録内容はこんな感じで。




これで良しっと。


応募が来る

数時間後。

\ピロリロリーン/


お、応募が来た!



初めまして。miraiです。
あの、時間はたくさんありますし、材料はたくさんあるので作りたいんですが、あんまりうまくないんですよ。大丈夫でしょうか。

いいですいいです!クオリティーはそんなに求めてないです!求めているのは和みです!
なんならお子さんと一緒に作ったら楽しそうですね!

じゃあやります!頑張りますね!
プラスで郵送代だけください!2200円でお願いします!
わかりました!ではそれでお願いします。

お金を払ってと。


よし、契約完了〜できあがりが楽しみだなあ。

また数日後。

\ピロリロリーン/

こんにちは!今途中なのですが、こんな感じです。どうでしょう??


おおお!いい感じですねー!ではそれでお願いします。できたら送っちゃってくださーい!




作業完了

また数日後。

\ピロリロリーン/


お待たせしました。完成しました。お送りしますね。グラデーションになっているところが難しくってお気に召すかどうか心配ですが、楽しく作れました!

ありがとうございます!
また機会があればよろしくお願いいたします!


届いたのがこちら!



殺風景なデスクに映える!
お子さんと一緒に作ったそうで、和みありですよね、僕の求めていたのはこの和みなのです。僕は満足です!

あと、メガネ置きになるし、数を数えて暇つぶしもできそう!バスマットにしたら水はけ抜群!

miraiさんありがとうございます!




やってみて感想

今回やってくれたmiraiさんに感想を聞いてみました。

やりとりの中で不安な面の相談ができたので、安心してやれたそうです。
普段やっていることが他人の役に立つなんて思ってなかったし、え、こんなのでお金もらっていいのかなって最初は思ったそうです。

私の感想としては、多分こんなのを自分でやったら大変だと思うんですよ。材料買って、作る時間もいるし、アイロンで接着するとか、大変。
これなら普段やってる人に頼んだ方がずっといいですよね。

こんな感じでまた他の頼みごともしていこうと思いました。

ぜひ一度、どんなおねがいがあるか見てみてください!




https://itunes.apple.com/jp/app/id1271703645


https://service.goodtiming.jp/work




【やってみた】アイロンビーズでロゴのオーナメント作成をおねがい!