コラム

本当に役立つ関係人口をGoodTimingで作りたい

リンクはこちら

関係人口って知ってますか?
関係人口とは、

「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のことを指します。

総務省資料より

実際その地域に住んでいるわけではないけれど、働いたり遊んだりする事で関係を持っている人口という事です。このご時世、人口を増やすことは難しいので、関係者を増やして活性化していこうという考え方ですね。

今、自治体ではにぎわい創出に躍起になっています。住んでいなくても関わっていてくれれば経済も回りやすくなります。

私の活動の中の体験としてもありました。

大阪のとある丘の上のまちで夏祭りがありました。そこにはまちの人だけでなく、ふもとのまちからもたくさん人が来て、人口以上に賑わっていました。

関係人口の好例ですね。

そして、この例は祭りというイベントありきの例でしたが、もっと日常的にまちに貢献したいという想いもあるでことしょう。

しかし、ここで大きな問題があります。

何か貢献したい気持ちがあったとしても、どう形にしたら良いのかわからないものです。 見えないものには手を出しようがない。。

そこでGoodTimingを使ってもらいたい

実は、GoodTimingは地域の課題の見える化ツールです。誰がどこで何をして欲しいかが目に見えるようになります。

GoodTimingの中に自分たちのコミュニティが作れますし、参加する事で関係を繋いでおく事ができます。その中でジョブ(おねがい・できる)を登録することで見える化になります!

見える化さえできたら、あとは手を差し伸べるだけ。

さらに、遠隔でもできる仕事はあります。
例えば、デザインやWebの仕事は距離は関係ありません。

さらにさらに、逆に遠くから依頼する事もできます。
例えば、故郷の親の付き添いを頼みたいケースや、災害時に助けてもらうことも可能です。

良い出会いがあったら、一度関わって終わりではなく、ゆるくつながっておく。タイミングが合えば助け合う。
良いと思いませんか?

というわけで、GoodTimingは関係人口ツールでもある、というお話でした。

あなたも田舎や地元のコミュニティに参加してみませんか?
自治体の方、地域活性化したい方、導入してみませんか?
成約するまで無料ですので、ぜひ一度のぞいてみてください!

リンクはこちら