コラム

今、注目の有償ボランティアを加速させる

リンクはこちら

ボランティアという言葉、聞いたことありますよね。

日本において、ボランティアとは一般的に、自発的に他人・社会に奉仕する人または活動を指す。ボランティア活動の基本理念は、公共性、自発性、先駆性である。

Wikipedia

つまり自らの意思でお手伝いをするということです。

ボランティアとして身近な例としては、町内会だったり、ご近所付き合いだったり、いわゆる日本の中の助け合いは「無償ボランティア」であったわけです 地域の寄り合いやPTAも無償ボランティアの一部ですね。

これらは昔からあるお付き合いの仕組みで、素晴らしい仕組みです。

しかし、近年お付き合いの希薄化により、これまでやり方が難しくなっているところがあります。 特に都会は顕著です。

どうですか?近所付き合いしてますか?

私自身も町内会には入っていませんし、仕事を優先していると町のために何かする、、ということが難しい事実があります。 さらに若い人は、誰が何を求め、何をしているか、全く見えないんです。自分から探しに行って見つけるのはかなり大変です。

つまり、無償ボランティアは助け合い精神にのっとった素晴らしい仕組みである反面、手伝う側の善意に依存した不安定な仕組みでもあるわけです。

ところで、ボランティアって有償か無償かは定義には含まれていないということを知っていましたか? 経費はもちろん、報酬が出てもボランティアであることに変わりはありません。

報酬が出ることで働く側はモチベーションを保ちやすくなります。受ける側も急にサポートを受けられるとけられなくなって悲しい、ということも無くなります。

とは言え、今まで無料だったものを有償に変更しまーすっていうのも難しいですよね。。

そこで、GoodTimingを使って欲しい!

有償ボランティアを加速させる3つの理由

  1. 自分たちのコミュニティを持てます。GoodTimingではコミュニティを作り、参加することができます。
  2. コミュニティの中では、誰が、いつ、何をして欲しいか、を見える化することができます。
  3. 登録するジョブは500円以上のもののみです。報酬が発生する前提で参加できます。

見えることで求められていることが分かりますし、お手伝いできるなら、更に、報酬ももらえるならやってくれる人も増えます。 Webやアプリということで、若い人にもとっつきやすいです。 これまでの無償ボランティアを大事にしつつ、有償ボランティアも共存できるという訳です。

というわけで、GoodTimingは有償ボランティアを簡単に導入できるツールです!というお話でした。

あなたのコミュニティでも導入してみませんか? 成約するまで無料ですので、ぜひ一度のぞいてみてください!

リンクはこちら